MediaCoder

MediaCoder 0.7.5.4799

30種類以上の動画形式と20種類以上の音声形式に対応したファイル変換ソフト

MediaCoderは様々な形式の動画ファイルや音声ファイルを読み込んで、異なる形式のファイルに変換することが出来るソフトウェアです。30種類以上の動画ファイル形式と20種類以上の音声ファイル形式と、他の類似ソフトと比べて多くファイル形式に対応していることが特徴です。インターネットで入手した動画ファイルを一つのファイル形式に揃えたり、音声ファイルを携帯プレーヤーで再生可能な形式に変換するなど、様々な用途に活用できるソフトウェアです。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 動画・音声のファイルを変換して別の形式のファイルを作成できる
  • 50種類以上もの多くのファイル形式に対応している
  • 解像度の変更、画質や音質の補正などの追加機能も搭載されている

反対票

  • ソフトを起動する度にWebブラウザーが起動し、作者のホームページが表示される

良い
7

MediaCoderは様々な形式の動画ファイルや音声ファイルを読み込んで、異なる形式のファイルに変換することが出来るソフトウェアです。30種類以上の動画ファイル形式と20種類以上の音声ファイル形式と、他の類似ソフトと比べて多くファイル形式に対応していることが特徴です。インターネットで入手した動画ファイルを一つのファイル形式に揃えたり、音声ファイルを携帯プレーヤーで再生可能な形式に変換するなど、様々な用途に活用できるソフトウェアです。

MediaCoderのインストール直後は英語でメニューが表記されています。メニューを日本語化するには、Optionsから「User Interface Language」を選び、一覧から「Japanese」を選択します。ファイルの変換を行うには対象となるファイルのアイコンをドラッグ&ドロップし、ツールバーにある「START」ボタンを押します。画面の中央左側にある「ビデオ」または「オーディオ」と書かれたタブをクリックすると、変換するファイル形式を指定する画面に切り替わります。

解像度やフレームレート(1秒間の表示回数)を変更したり、色調や画質、音声を補正できる点も便利です。画面には様々な項目が並び見た目にやや使いづらい印象がありますが、基本的な操作はアイコンから行うことが出来ますので操作に迷う心配は無いでしょう。

ただMediaCoderを起動する度にWebブラウザーが開いて作者のホームページが表示される点は、煩わしく感じられるところです。表示させないようにする方法もありますが、設定の変更にはFirefoxがインストールされている必要があり、操作も煩雑です。この点は今後の改善を期待したいところです。 MediaCoderは様々な形式の動画や音声のファイルを変換して、別の形式のファイルを作成することが出来るソフトウェアです。

MediaCoderは以下の形式に対応しています

動画:AVI、DIVX、MPG (MPEG1、MPEG2)、M1V、M2V、MPV、WMV、WM、ASF、MP4、DVD、VOB、MKV、MOV、FLV、3GP、3G2、DAT、RM、RMVB、TP、TS、M2TS、MTS、263、264、AVC、Y4M、VDR、YUV、YV12、GIF
音声:MP3、MP4、M4A、OGG、AAC、WMA、APE、MP2、MPA、WAV、PCM、AC3、DTS、RA、RAM、AMR、MPC、TTA、APL、FLAC、WV、ALS、CD、MKA、SPX

— 動画 —

MediaCoder

ダウンロード

MediaCoder 0.7.5.4799